日本酒の可能性と未来を信じて

日本人として、そして個人的ファンとして、「日本酒」をもっと世界に広めたいという思いではじめた日本酒輸出事業。
世界に日本酒が理解されるのは10年、20年と時間を費やす必要があるかもしれませんが、
日本酒の可能性と未来を信じて、最高のパートナー様と海外輸出を行っています。

いま、日本酒が美味しい!

日本酒の歴史は古く、1200年以上の歴史があると言われていますが、近年の製造技術の向上により、日本酒の品質は一気に向上しています。若い世代の日本酒を飲む側の知識も年々向上しており、過去にない日本酒の新時代が到来しています。

日本酒の輸出は良いビジネス?

「日本酒が海外で大人気」といったニュースを誰もが見たことがあると思いますが、日本酒メーカーや、私たち輸出商社にはとても違和感のあるニュースです。確かに大手メーカーや、海外戦略が成功した一部のメーカーの商品は多く輸出されているかもしれません。しかし、海外での日本酒の認知度は未だ未だ低く、ヨーロッパ等では未だに日本酒をアルコール度数40%の蒸留酒と勘違いしている人も少なくありません。日本酒輸出が「お金」になる時代は少し先の将来、2025年、もしかすると2030年頃になるかもしれません。それでも私たちは日本酒の未来を信じ、積極的に販売活動と投資を続けています。

徹底した日本酒の温度管理

日本酒は世界に誇れる本当に美味しいお酒です。しかしながら最大の弱点はその繊細さです。私たちは輸出時の温度管理を徹底しており、隣国への輸出でも冷蔵(リーファー)コンテナの使用し、現地の代理店にも冷蔵保管を徹底してもらいます。実際には輸送コストがかかり、現地での最終価格も高くなってしまうので、このコスト高が日本酒輸出の足かせとなっているのは事実ですが、海外の人々に本当に美味しい日本酒を知って頂く為、品質ファーストで日本酒の輸出を行っています。

輸出パートナー様
(輸出実績ブランド 一例)

  • *加賀鳶(石川)
  • *神蔵(京都)
  • *加茂錦(新潟)
  • *讃岐くらうでぃ(香川)
  • *上善如水(新潟)
  • *大那(栃木)
  • *玉乃光(京都)
  • *南部美人(岩手)
  • *二兎(愛知)
  • *結(茨城)

など(50音順)

Sake(日本酒)の輸出実績データ

RICE WINEとも言われ日本の国酒として注目される日本酒。日本には1500以上の酒蔵が存在しますが、中でも100社ほどの小規模酒蔵が近年は品質を大きく向上させ、日本の若者や海外で注目を浴びています。まだまだ市場は小さく5年後10年後に期待をしたいマーケットです。

日本酒の海外輸出

2016年
19,736,818リットル / 15,581,063,000円

2017年
23,481,549リットル / 18,679,175,000円

2018年
25,746,831リットル / 22,231,502,000円

※数字は国税庁の発表データによる(2018年)

その他酒類

ウイスキー
ウイスキー
スピリッツ
スピリッツ
梅酒
梅酒
  • WEBで申し込む
  • 電話でご相談 06-6356-5551
  • 電話でご相談 06-6356-5551